Search
Search Menu

インカムの周波数の合わせ方をおしえてください

Q インカムを使用したいと思っているのですが、インカムって周波数をいちいちあわせる必要があるのですよね……。そのような方法がいまいちわからないのですが。

A特定小電力トランシーバーを使用する場合、一定圏内にいる相手とならいつでも通話ができるのがメリットです。携帯電話のように圏外にならないで、通話料がかからないというのもメリットです。

これも、特定小電力トランシーバーが一定の決められた周波数だけを使って通信を行うお陰と考えていいでしょう。利用できる帯域が限られているから、 免許取得も必要なく気軽な感じで私達が使用出来るものが、インカムであり、特定小電力トランシーバーです。

特定小電力トランシーバーが利用する周波数は、400MHz帯です。細かく言えば、421MHz帯及び440MHz帯、422MHz帯を使用するものと、413MHz帯及び454MHz帯を使用するものに分かれます。

一般に広く利用されているのは421MHz帯及び440MHz帯、422MHz帯を使用するものの方です。413MHz帯及び454MHz帯は、仕事のシーンなとで利用され、双方向での同時通話が可能であるため、よ複雑な通信処理をするのにマッチしています。

チャンネルとは特定小電力トランシーバーに割り当てられている周波数のことです。周波数は相手と一致させなければ連絡はできません。
メーカーや機種ごとに、「チャンネル番号」と「周波数」が一致していないことがあります。カタログや取扱説明書などにはチャンネル番号、周波数の関係表が記載されてあるので確認をしてください。