Search
Search Menu

業務用って何が違う?

無線機とか、インカム、トランシーバーなど、いろいろな呼び方をするケースがありますが、基本的に現在同じ商品を指す呼び方と言っていでしょう。使い方は、いたって簡単で、電源を入れて、通話相手とチャンネルを合わせて、 通話スイッチ(PTTボタン)を押しながら話しをして、話しを聞くときは何も押さない、たったこれだけです。

基本的な使い方として、交互通話で会話をしていくことになりますが、同時通話出来る機種もあります。

【無線機の種類】

無線機の種類としては、特定小電力トランシーバーがあり、比較的小型で電波の出力が小さいタイプのものであり、 数百m以内の狭いエリアでの利用に適しています。免許など面倒な手続きが必要ないので、購入したらすぐに使用できます。

更に、業務用無線機があり、電波の出力が大きく、約1~3km程度(障害物などによって違いがあります)の範囲内で通話ができます。

利用には、免許や登録の申請が必要となります。さらに、広域無線があり、県全体や県をまたぐような広いエリアでの利用が可能です。利用には、免許の申請が必要です。

【「特定小電力トランシーバー」と「業務用無線機」】

「特定小電力トランシーバー」と「業務用無線機」については既に触れているので、多くは語りませんが、通信
距離も、~5km程度期待することができ、5W/1W(5000mW/1000mW)という、パワーもレベルが高いですが、サイズが大きくて重たいというデメリットもあります。

そして、業務用無線機に注目をすれば、資格取得が必要なものもあり、 免許が必要になって来ます。業務用無線機は頑丈な作りになっているものの、 価格が高いというデメリットもあり、このようなモノを選択してしまうと、結構ハードルが高いと感じてしまうこともあるでしょう。

特定小電力トランシーバーは、単に遊びに使用しているということではありません。いろいろ、無線機があり、特定小電力トランシーバーは、その中の種類のひとつと考えていいでしょう。

業務用として、特定小電力トランシーバーの購入を考える場合、もっと、ああしよう、こんなときに使用したいという用途のレパートリーも、格段増えてくるかもしれないですよね。

価格が安いから、特定小電力トランシーバーという選択肢は一概に正しくないのかもしれないですが、自身でしっかり確認して、特定小電力トランシーバーと、 業務用無線機を比較して購入するようにしてみてはいかがでしょうか。

そして、特定小電力トランシーバーを業務として使用するにしても、防水の有・無や、同時通話ができる・できないの問題、乾電池は使用可・使用不可か……などなどいろいろな商品の違いを発見することになります。

結構、無線機を購入するのって、難しいと感じるかもしれません。そのとき、業務で、インカムを使用するのは辞めようというモチベーションでは、みなさんの業務はなかなか前向きに進展して行かないのではないでしょうか。一度インカムを真剣にチェックしてみませんか?